住民流の正体が見えてきた!

住民流福祉総合研究所
本文へスキップ

住民流福祉総合研究所では、地域福祉を住民の視点で新たに捉え直す活動及び研究を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.049-294-8284

〒350-0451 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1

 写真:「住民流福祉ネットワーク」第一回発起人会風景。正面が本研究所の木原。


40年以上もかかりましたが、私(所長・木原)が追究してきた住民流福祉の全体像が明らかになり、これをテーマ別にまとめた小冊子の作成もほぼ完了しました。全60種、すべて本ホームページの「資料・図書一覧」からダウンロードできます。

私どもが提唱した発想は、支え合いマップや、「助けられ上手」、「ご近所福祉」、「おつき合い革命」、「豊かさダイヤグラム」など、社会に広く普及しています。

住民流福祉の発想がその後どのように発展したか、またどんな新しい発想が生まれてきたかは、本サイトのウェブマガジン「夢通信」で公開していきます。


住民流の継承者を育成する−住民流福祉大学を開講
住民流の解明と冊子作りが完了したのを機に、この論を受け継いでくれる人材を発掘し、本格的に習得していただくためのゼミナール形式の教室を全国各地で開講します。
詳しくはこちらをご覧ください。

住民流福祉大学・ゼミナール


お知らせ

information

住民流福祉総合研究所

〒350-0451
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1
TEL.049-294-8284
FAX.049-294-8283

メールアドレスkiharas@msh.biglobe.ne.jp

池袋駅より、東武東上線を利用。坂戸駅で越生線に乗り換え5つ目の「東毛呂(ひがしもろ)」駅下車、徒歩15分。または八王子駅より、八高線を利用し「毛呂」駅下車(高麗川駅で乗り換え)、徒歩15分。



住民流おつき合いのすすめ

@我が家の問題を周りに打ち明けよう
A自分のことを噂話のタネにしてもらおう
B困ったら、「助けて!」と叫ぼう
C助けてもらうため迷惑かけ上手になろう
D人助けをしたければ、詮索の鬼になれ
E「口が堅い」のも、よしあしだ
Fお節介こそが、本当の思いやり
G引きこもりの人を救うためこじ開けよう
Hプライバシー尊重では相手を助けられぬ
I助け合いたいのなら、家をひらき合おう

inserted by FC2 system