本文へスキップ

住民流福祉総合研究所では、地域福祉を住民の視点で新たに捉え直す活動及び研究を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.049-294-8284

〒350-0451 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1

講演のご案内Lecture

講演テーマ

基本的には、福祉に関することならほとんどのご要望に応じることが可能です。本研究所では「住民流」の福祉を研究しており、したがって福祉の全分野について住民流ならどう捉えるべきかを究明済みです。
具体的には、以下にテーマと対象を提示しております。その他にも、ホットな話題についても対応できるように準備しております。

◆講演テーマ

1.一般市民向け

@ご近所パワーで助け合い起こし(一般市民向け)
A助けられ上手さんになるために(一般市民向け)
B銭形平次はボランティアだった−住民流ボランティアの入門編
C団塊世代の地域デビュー入門(シニア世代向け)
D豊かな人生づくりとボランティア(シニア世代、または生涯学習グループ向け)
E仲間さがし−9つの秘訣(老人クラブ会員向け)

2.活動者向け
@ふれあいサロンから助け合いサロンへ(サロンリーダー向け)
A住民流・助け合い起こし(民生委員・町内福祉委員会向け)
Bご近所パワーで助け合い起こし(福祉推進員向け)
C孤独死も防げる見守り術(見守り協力員・福祉推進員向け)
Dサービスから助け合いへ−有償活動の新発想(有償サービスグループ向け)
Eボランティアから助け合いへ−豊かな活動への3つのポイント(リーダー向け)
F住民流健康のまちづくり(食生活改善推進員・建康づくり推進員向け)
G貢献から共生へ−企業と地域の新しい関係を求めて(企業の社会貢献担当職員向け)
Hやさしさとは何か?−住民流福祉教育入門(学校教師や福祉教育関係者向け)

3.関係者向け
@地域と協働していくために(地域包括支援センター・介護支援専門員向け)
A住民流・地域資源発掘法(介護支援専門員向け)
B利用者のその人らしい生活支援ために(訪問介護員向け)
C住民総参加へ向けて−ボランティアの発想転換(ボランティア・コーディネーター向け)
D施設で働くということ/地域へ開かれた施設をめざして(施設職員向け)
E住民流・健康づくり入門(保健師向け)
Fチャリティからフェアネスへ−障害福祉の発想転換(障害者関連専門職向け)

4.支え合いマップ関連
@住民支え合いマップづくり入門(あらゆる対象向け)
A支え合いマップづくりインストラクター養成講座

◆講座と講演テーマ

ご近所福祉活動発表大会
「今なぜ『ご近所福祉』なのか?」
「新しい生活支援サービスとご近所福祉」
地域資源開発セミナー
「住民と関係機関の協働による助け合い起こし」
マンション管理基礎セミナー
マンションにおける居住者の高齢化問題と助け合いについて
「助け合いマンションはこうしてできる」
地域包括ケアライフサポートワーカー養成研修
「住民流福祉の発見」
ボランティア・地域づくりコーディネート力講座
「地域の支え合いを考え直す」−当事者が主役の福祉とは?
生協・暮らしの見直し講演会
「『助けられ上手さん』になるために」
地域福祉コーディネート技術研修
「社会資源・地域資源の活用の仕方について−支え合いマップを作ろう」
民生委員児童委員協議会研修会
「地域福祉と地域包括ケアについて−ご近所パワーで助け合い起こし」


講師紹介




所長:木原孝久

<略歴>
東京生まれ。早稲田大学第一政治経済学部卒業後、中央共同募金会などを経てフリーに。一方で40年以上にわたり住民流の福祉のあり方を追い求め、その成果をセミナー開催や講演、マニュアル作成などを通し、社会に広く伝えている。国の「これからの地域福祉のあり方に関する研究会」等にも参画し、住民流の発想を提示。20年前、地域の実態把握の手段として「支え合いマップ」づくりを発案、その指導のため全国を駆け巡っている。最近は住民流福祉実現の具体策として「ご近所福祉」や「助けられ上手」「おつき合い革命」などの普及に力を入れている。講演、執筆、ラジオ・テレビ出演等。著書に、「支え合いマップづくり入門」「ご近所パワーで助け合い起こし」「住民流福祉の発見」「福祉の人間学入門」「ボランティア・セラピー」ほか。


ご依頼について

所長・木原孝久への講演のご依頼につきましては、本研究所で受け付けておりますので、当方まで直接ご連絡下さい。
電話・ファックス・Eメールのいずれでも結構です。
講師料につきましては、直接本研究所にご相談ください。


このページの先頭へ

information

住民流福祉総合研究所

〒350-0451
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1
TEL.049-294-8284
FAX.049-294-8283

メールアドレスkiharas@msh.biglobe.ne.jp

inserted by FC2 system