本文へスキップ

住民流福祉総合研究所では、地域福祉を住民の視点で新たに捉え直す活動及び研究を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.049-294-8284

〒350-0451 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1

ウェブマガジン「夢通信」


この度本研究所は、新たにウェブマガジンを配信いたします。
これまで月刊「住民流福祉」を過去数十年にわたって発行してきましたが、IT時代に合わせてデータ配信に切り替えることにしました。当面は、本ページ上で不定期に更新していきます。

めざすは「夢の福祉」の実現です。

(「夢の福祉」については、「資料・図書一覧」に同名の冊子があります。さらに詳しく知りたい方は「成熟社会の福祉」をご覧ください)

この「夢」の実現に向けて、新しい発想や実践をここで紹介していきたいと思います。

「夢通信」第7号(2017年11月10日配信)

「夢通信」第6号(2017年9月5日配信)
(本号は、月刊誌「住民流福祉」最終号をそのままマガジンにしております)

「夢通信」第5号(2017年8月4日配信)

「夢通信」第4号(2017年6月30日配信)

「夢通信」第3号(2017年5月1日配信)

「夢通信」第2号(2017年3月27日配信)

「夢通信」第1号(2017年1月31日配信)



information

住民流福祉総合研究所

〒350-0451
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1
TEL.049-294-8284
FAX.049-294-8283

メールアドレスkiharas@msh.biglobe.ne.jp



住民流おつき合いのすすめ

@我が家の問題を周りに打ち明けよう
A自分のことを噂話のタネにしてもらおう
B困ったら、「助けて!」と叫ぼう
C助けてもらうため迷惑かけ上手になろう
D人助けをしたければ、詮索の鬼になれ
E「口が堅い」のも、よしあしだ
Fお節介こそが、本当の思いやり
G引きこもりの人を救うためこじ開けよう
Hプライバシー尊重では相手を助けられぬ
I助け合いたいのなら、家をひらき合おう
inserted by FC2 system