ぜんぶ住民流

住民流福祉総合研究所
本文へスキップ

住民流福祉総合研究所では、地域福祉を住民の視点で新たに捉え直す活動及び研究を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.049-294-8284

〒350-0451 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1

 写真:左から「住民流福祉とは何か?」、「豊かさづくりのお手伝い」、「高齢化進行地区の生き残りをかけて−要援護者と世話焼きさんが手を握った。」


本研究所(所長・木原孝久)は、今の福祉を住民(および当事者)の側から全面的に作り直す作業(住民流福祉の構築)を、40年かけて続けてきました。

そこから、支え合いマップや「助けられ上手」、「ご近所福祉」、「おつき合い革命」、「豊かさダイヤグラム」など様々な発想を生み出し、全国に普及させています。
これに関連した小冊子約70種は、すべて本ホームページの「資料・図書一覧」からダウンロードできます。

その後も、次々と新しい発想に基づいた小冊子を作成しており、逐一、本ホームページで公開しています。新発想の概要は、ウェブマガジン「夢通信」でご覧いただけます。



<新刊>「社会問題解決への12のカギ」
本研究所では「福祉」の改革と並行して、社会問題一般に関する問題解決のあり方を研究してきました。その過程で見つけた問題解決につながる12の発想をまとめました。めざすは成熟社会づくりです。

社会問題解決への12のカギ


<新刊>「豊かさづくりのお手伝い」
福祉の目的を安全の確保や困り事の解決から、思い切って豊かな生活づくりの応援へとレベルアップさせたらどうなるか?まとめてみました。

豊かさづくりのお手伝い


住民流福祉ネットワークを始動
住民流福祉(支え合いマップづくりも含む)の研究と普及を目指す有志達の集まりを立ち上げました。発起人会を開催し、以下のような事が決まりました。

「住民流福祉ネットワーク」発起人会・決定事項


「ネットワーク」のブロックリーダーが続々誕生
「住民流福祉ネットワーク」を立ち上げてから、全国各ブロックのリーダーを引き受けてくださる方が続々誕生しています。以下、一覧です。なお、新たに就任された方は随時追加していきます。

◆北海道ブロック:<馬川友和氏(北海道民生委員児童委員連盟)>
◆岩手ブロック<菊池亮氏(釜石市社会福祉協議会)、菊池隼氏(NPO法人 hands)、右京昌久氏(岩手県社会福祉協議会)、川崎舞美氏(岩手県社会福祉協議会)>
◆新潟ブロック<伊藤公史氏(新潟県胎内市社会福祉協議会)>
◆富山ブロック<斎木秀則氏(富山県滑川市社会福祉協議会)>
◆神奈川ブロック<梅木博志氏(横浜市旭区社会福祉協議会)>
◆愛知ブロック<吉村了子氏(愛知県安城市社会福祉協議会)>
◆福岡ブロック<池本賢一氏(福岡県鞍手町社会福祉協議会)>
◆鹿児島ブロック<池下真也氏(鹿児島県社会福祉協議会)>
◆宮崎ブロック<前田隆一氏(小林市社会福祉協議会)>
◆大阪ブロック<難波雅樹氏(大阪自彊館(じきょうかん)在宅サービスベラミ>
◆近畿ブロック(兵庫・京都・滋賀・奈良)・岡山<岩ア文子氏(赤穂市社会福祉協議会(平成30年4月1日以降は「合同会社岩アパートナーサービス」)>
◆上越ブロック(新潟県)<佐藤美奈子氏など3名(上越市社会福祉協議会)>
◆神戸ブロック(兵庫県)<河野潔氏(弘陵福祉会 特別養護老人ホーム六甲の館)>


住民流の継承者を育成する−住民流福祉大学を開講
住民流の解明と冊子作りが完了したのを機に、この論を受け継いでくれる人材を発掘し、本格的に習得していただくためのゼミナール形式の教室を全国各地で開講します。
詳しくはこちらをご覧ください。

住民流福祉大学・ゼミナール


お知らせ

新着情報 NEWS

2018年06月19日 埼玉県でも福祉ゼミナール開催
2018年06月06日 「ご近所福祉推進手帖」を追加しました
2018年05月30日 チラシ・シリーズに2種類を追加しました
2018年05月29日 支え合いマップ研修用のDVDが完成
2018年04月23日 支え合いマップ中心で住民流福祉ゼミが始動
2018年04月18日 「支え合いマップインストラクター教本」が完成
2018年04月18日 チラシ「業界流の証明」が完成
2018年04月10日 住民流を6つのキーワードで表現したチラシを作成
2018年04月10日 「住民流宣言」を再公開
2018年04月04日 「いのちを守る手帖」を追加しました
2018年04月02日 ウェブマガジン「夢通信」第9号を配信
2018年03月05日 トップページにお知らせを2つ追加しました
2018年02月23日 15分でマップの意義を説明できる虎の巻「支え合いマップとご近所福祉」を公開
2018年02月08日 チラシ・シリーズに4種類を追加
2018年02月08日 助けられ上手講座がますます人気
2018年02月02日 「スモール・イズ・ワンダフル」が完成
2018年02月02日 「チラシ・シリーズ」を作成
2018年02月02日 地域協働についての講演依頼が急増
2018年01月18日 チラシ「住民流でご近所福祉 10のキーポイント」を追加
2018年01月12日 新刊「住民流福祉とは何か?」が完成
2017年12月11日 ご近所福祉についての講演依頼が急増
2017年12月11日 鹿児島県社協主催の生活支援コーディネーター研修で支え合いマップの演習
2017年12月08日 宮崎県小林市社協が「支え合いマップづくり」情報交換会を開催
2017年10月10日 「住民流福祉ネットワーク」発起人会での決定事項
2017年10月04日 寸劇マップが大好評
2017年10月04日 「住民流福祉ネットワーク」発起人会を開催しました
2017年09月12日 「住民流おつき合いのすすめ」について
2017年09月04日 住民流福祉ネットワーク立ち上げ 発起人会を開催
2017年09月04日 月刊誌「住民流福祉」が終刊
2017年08月23日 滑川市の助けられ上手さんが富山テレビで取り上げられました
2017年06月21日 住民流福祉大学・受講のご希望をいただいています
2017年06月21日 「夢の福祉革命」に反響
2017年06月15日 寸劇でマップのグループ演習−が好評
       

information

住民流福祉総合研究所

〒350-0451
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1
TEL.049-294-8284
FAX.049-294-8283

メールアドレスkiharas@msh.biglobe.ne.jp

池袋駅より、東武東上線を利用。坂戸駅で越生線に乗り換え5つ目の「東毛呂(ひがしもろ)」駅下車、徒歩15分。または八王子駅より、八高線を利用し「毛呂」駅下車(高麗川駅で乗り換え)、徒歩15分。



住民流おつき合いのすすめ

@我が家の問題を周りに打ち明けよう
A自分のことを噂話のタネにしてもらおう
B困ったら、「助けて!」と叫ぼう
C助けてもらうため迷惑かけ上手になろう
D人助けをしたければ、詮索の鬼になれ
E「口が堅い」のも、よしあしだ
Fお節介こそが、本当の思いやり
G引きこもりの人を救うためこじ開けよう
Hプライバシー尊重では相手を助けられぬ
I助け合いたいのなら、家をひらき合おう

理念と重点目標
inserted by FC2 system