本文へスキップ

住民流福祉総合研究所では、地域福祉を住民の視点で新たに捉え直す活動及び研究を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.049-294-8284

〒350-0451 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1


1.当事者による助け合いのご近所作り(最新版)
自助マップを活用した当事者による助け合いのご近所づくりに取り組んでいる山口県和木町地域包括支援センターの茅原史貴さんの実践を追跡し、その後の情報を追加した最新版です。当事者たちによる自助同盟が公助と自助をつなぐ―など。
当事者による助け合いのご近所づくり

2.私の自助マップ・ワークシート<11月改訂版>
実例をたくさん加えました。内容も充実。
私の自助マップワークシート(2022年11月改訂版)

3.自助がつくる新しい助け合い
■この冊子で、@自助の基本論、A当事者による助け合いのご近所づくりを合体。自助に関して新しい発想が生まれたら、ここに加えていく予定です。
自助がつくる新しい助け合い

4.「ついで」ボランティア
■英国の福祉機関の調査によると、日本は世界一やさしくない国らしい。どうしたらこの汚名を返上できるのか。そこで、ボランティアのあり方を変えることを提案しています。これまでの余暇ボラから、生活の中でついでに取り組む型に変えるのです。これで生活も豊かになる。
「ついで」ボランティア

5.引きこもりを開く7つの法
■今の福祉は担い手主導型で進めていますが、難問の当事者は当事者主導型を主張しています。ならば、フリーで動ける当事者主導型スタッフを配置したらどうか。そして、引きこもりを開くヒントを7つばかり。
引きこもりを開く7つの法

6.障害特性を能力として雇用に活かした例
■最近セミナー参加者から質問があったため、発達障害の人の障害特性が能力として雇用に活かされた事例を簡単な表にまとめました。(各事例の詳細や出典については、これまでに発行した月刊誌等に掲載していますのでお問い合わせください)
障害特性を能力として雇用に活かした事例

■「自助マップ」の作り方をリモートでレクチャーします。
★相談や簡単な説明・質疑は無料です。
★本格的な講義や講演になると講師料を申し受けます。

難しい支え合いマップが易しくわかる法
本人は語らない。近隣も遠慮して無言。ケアマネや民生委員なども守秘義務厳守。秘密のバリアーに囲われた当事者の状況を知るのは至難の業。
そこで提案―「秘密の花園」への3つの通り道。

(1)世話焼きさんと一緒にマップづくり
たった1人でも、見つけた世話焼きさんと、その人の活動範囲のマップを作ってしまおう。何も地域全域をカバーする必要はない。これなら収穫はバッチリだ。
世話焼きさんと一緒に支え合いマップづくり

(2)支え合いマップで住民を「読む」
マップに現われた事実をもとに、住民は本当は何を望んでいるのかを「読む」。デイサービス利用者が多いけど、彼らは本当は何をしたいのか。
支え合いマップで住民の思いを読む

(3)マップにこだわるか、マップを離れるか
マップ作りで気になる一人暮らしの人を発見した後、そこからどうするか。「それなら、見守り隊をつくろう」と言うのがマップ離れ派。「この人をだれが見守っているのか?」と、まだマップを見続けるのがマップこだわり派。あなたはどっち?
マップにこだわるか、マップを離れるか


小冊子(約100種)をダウンロードできます
支え合いマップや助け合い起こしなど、住民流福祉関連の小冊子約100種は、すべて本ホームページの「資料・図書一覧」からダウンロードできます。
その後も、次々と新しい発想に基づいた小冊子を作成しており、逐一、本ホームページで公開しています。新発想の概要は、ウェブマガジン「夢通信」でご覧いただけます。


コロナに強い住民流
コロナ禍で、福祉活動もできず、困っている関係者やボランティアもたくさんおられることでしょう。じつは私共が普及させている「住民流」の福祉は、コロナには強いと評判です。なぜなのか…こちらをご一読ください。
コロナに強い住民流

最近の人気情報・ベストスリーは…
1.あなたのおつきあいの流儀は?
おつき合い革命
2.見守られ上手の7か条
見守られ上手さんになるために−安全な一人暮らしのための7つの工夫
「見守られ上手」の3つの意義
3.助け合い上手テスト
助け合い上手テスト

 本研究所が公開している様々な情報の中で、特に人気が高いのがこの3点です。


支え合いマップ・自助マップ関連

これであなたもマップ研修の講師に
マップ作り学習の一番大事な部分は、実際にどのように住民に聴取するかですが、この聴取の過程を収録したDVDを、無料で貸し出します。北海道民生委員児童委員連盟が制作された支え合いマップ作り研修用DVDで、実際の聴取の過程を再現した映像が収録されています(15分余り)。これを使って、関係者は住民向けのマップセミナーを開くこともできます。その際講師を務める方向けの解説書を作りました。解説書の使い方は…@中身の取捨選択は講師の自由、Aテキストとして配布するかどうかも自由。ご希望の方は本研究所までご連絡下さい。

<模擬マップ作りで聴取場面を再現したDVD−解説書>
支え合いマップ−聴取の要領

「密」にならない支え合いマップづくり
「密」にならないマップづくりの要点

リモートで支え合いマップの作り方
コロナ禍でも適応できる支え合いマップ作りの手法を開発しました。
リモートで支え合いマップの作り方

リモートで支え合いマップの実演
リモートでマップ作りの実演


自分のための避難支援者や避難所を探せ
自助&互助型の防災マップのつくり方

「生命を守る防災から尊厳を守る防災へ」の中に、新たに自助&互助型の防災マップのつくり方を追加しました。

生命を守る防災から尊厳を守る防災へ
生命を守る防災から尊厳を守る防災へ

そこから、支え合いマップや「助けられ上手」、「ご近所福祉」、「ご近所ボランティア」、「おつき合い革命」、「豊かさダイヤグラム」、「当事者参加型福祉」など様々な発想を生み出し、全国に普及させています。


住民流福祉ネットワーク
住民流福祉(支え合いマップづくりも含む)の研究と普及を目指す有志達の集まりを立ち上げました。
住民流福祉ネットワーク・ブロックリーダー一覧


お知らせ

新着情報 NEWS

※新着情報や新作の冊子については、本ページ上部のお知らせ欄に随時掲載いたします。

2021年6月2日 ウェブマガジン「夢通信」第19号を配信
2021年4月6日 「助けられ」の不思議な力が完成
2021年3月3日 「支え合いマップづくり入門」改訂版が完成
2020年11月17日 リモートでマップ作りの実演
2020年11月17日 リモートで支え合いマップの作り方
2020年11月11日 月刊「ケアマネジメント」に掲載されました
2020年11月11日 尊厳を守る福祉とは?3部作を公開
2020年9月8日 Zoomを使用したオンライン研修等の開催について
2020年9月8日 病める文明・病める福祉-3部作が完成
2020年8月24日 「もう一歩踏み込んだ見守り活動にチャレンジ」を追加
2020年6月22日 「生命を守る防災から尊厳を守る防災へ」が完成
2020年6月1日 「助け合い上手への7つのルール」が完成
2020年6月1日 「支え合いマップで民生委員主導のご近所福祉」が完成
2020年4月27日 「地区社協は何をすべきか」が完成
2020年4月27日 「あなたの福祉観を問う24のマップ」が完成
2020年4月7日 「福祉のまち作りは50世帯の町内から」が完成
2020年4月6日 「かんたんマップ」が完成
2020年3月23日 「ご近所パワーで助け合い起こし」冊子の販売も
2020年3月23日 「わたしの自助プラン」が完成
2020年3月13日 「これがご近所福祉だ」が完成
2020年1月14日 <新刊>支え合いマップに見る「助けられ上手型」福祉の実践例と特徴
2020年1月14日 <新刊>助けられ上手の発想を理解するための構造図
2020年1月14日 <新刊>助けられ下手さんを救う法

information

住民流福祉総合研究所
所長 木原孝久

〒350-0451
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1
TEL.049-294-8284
FAX.049-294-8283

メールアドレスkiharas@msh.biglobe.ne.jp

池袋駅より、東武東上線を利用。坂戸駅で越生線に乗り換え5つ目の「東毛呂(ひがしもろ)」駅下車、徒歩15分。または八王子駅より、八高線を利用し「毛呂」駅下車(高麗川駅で乗り換え)、徒歩15分。



所長 木原孝久


理念と重点目標
inserted by FC2 system