ぜんぶ住民流

今の福祉に疑問を抱いている方、
もしやあなたも「住民流」派?


住民流福祉総合研究所
本文へスキップ

住民流福祉総合研究所では、地域福祉を住民の視点で新たに捉え直す活動及び研究を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.049-294-8284

〒350-0451 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1

地域包括支援センターが「ご近所」を拠点に地域福祉活動
地域福祉関係者は大抵、上層(第1層の市町村域や第2層の校区)あたりで活動していますが、山口県和木町では現在、地域包括支援センターが「ご近所」に貼りついて、住民と一緒に支え合いマップを作り、課題を抽出し、解決行動に取り組んでいます。必要ならば関係機関もご近所に来てバックアップ。どのご近所でも活用できそうな取り組みは、マニュアルで町内全域に普及させようとしています。素晴らしい成果も出ています。コメントを寄せていただきましたので、詳しくはそちらをお読みください。<左の写真:和木町地域包括支援センターのスタッフ。左から、社会福祉士・茅原 史貴さん、本研究所所長・木原、社会福祉士・岩下 めぐみさん、保健師・藤川 真由美さん。中央の写真:要介護5の人も自治会主催の敬老会に参加(沖灰場地区)。右の写真:独居高齢者がお茶会を主催し、子どもたちに抹茶を振る舞った(中開地区)>

茅原さんのコメント
地域活動型セミナーでスモールイズワンダフルな町づくり


小冊子(約100種)をダウンロードできます

支え合いマップや助け合い起こしなど、住民流福祉関連の小冊子約100種は、すべて本ホームページの「資料・図書一覧」からダウンロードできます。
その後も、次々と新しい発想に基づいた小冊子を作成しており、逐一、本ホームページで公開しています。新発想の概要は、ウェブマガジン「夢通信」でご覧いただけます。



「助けられ上手」シリーズ


@「思いやり」から「助けられ上手」へ 
   助け合い推進運動・大逆転のすすめ


これまで助け合い推進運動は「思いやりの心を」で展開されてきましたが、近年、行き詰まりを感じている関係者も少なくないようです。
最近、その理由が見えてきました。助け合いが広がらないのは、日本人に善意がないからではなく、困った時に「助けて」と言える人がほとんどいないことが原因なのです。当事者が助けられ上手になれば、9割以上の日本人は助けてくれるのです。
そこで本書では、これからの助け合い推進運動のテーマを「思いやり」から「助けられ上手」の啓発に大転換することを提案しています。
意外なことですが、人から助けられる体験をすることで、思いやりの心が目覚めることもわかってきました。ということは、これからの啓発活動のテーマを「助けられ上手」にすることで、「思いやりの心」が忘れられてしまうということはなく、むしろ私たち一人ひとりが助けられ上手になることが、思いやりを持った担い手の育成にもつながるということです。
担い手だけが福祉活動に取り組む今、福祉は片肺飛行の状態です。受け手が果たすべき役割に注目し、受け手も自分の福祉に主体的に参加して、担い手と協働することで、これからの福祉は発展していくのです。


「思いやり」から「助けられ上手」へ


A「思いやり」から「助けられ上手」へ・要約版(4ページ)

”「思いやり」から「助けられ上手」へ”の本編を4ページに要約した資料です。講座等での配布用にご利用ください。

「思いやり」から「助けられ上手」へ・要約版



B「助けられ上手・活動手帖」お互いの活動を記録しよう

「助けられ」も立派な福祉活動。自分や仲間の「活動」を記録していこう。 「助けられ上手一般」と「見守られ上手」、「介護の助けられ上手」の3種で構成。全編ワークシートになっています。試しに住民に提示したら、たちまち好事例が次々と出てきました。

助けられ上手・活動手帖


C「防災」から入る 自助(助けられ上手)型地域福祉

災害が頻発しており、日々、深刻さを増しています。私たちの福祉への取り組みも、防災を柱に据えたものに組み立て直す必要が出てきました。防災に真剣に取り組むことで、従来の福祉活動も強化されることが期待されます。

「防災」から入る自助(助けられ上手)型地域福祉


D見守られ上手さんになるために−安全な一人暮らしのための7つの工夫


本研究所について

本研究所(所長・木原孝久)は、今の福祉を住民(および当事者)の側から全面的に作り直す作業(住民流福祉の構築)を、40年かけて続けてきました。

そこから、支え合いマップや「助けられ上手」、「ご近所福祉」、「ご近所ボランティア」、「おつき合い革命」、「豊かさダイヤグラム」、「当事者参加型福祉」など様々な発想を生み出し、全国に普及させています。


講演「ご近所パワーで助け合い起こし」
<または「助けられ上手のすすめ−超高齢社会を生き抜くために>


本研究所所長(木原孝久)の講演で特に好評なテーマが「ご近所パワーで助け合い起こし」。支え合いマップ作りで見えてきた住民の助け合いの事例をもとに、いま話題の「共生社会づくり」のコツをお話しします。

講演「ご近所パワーで助け合い起こし」の主な内容


住民流助け合いの要点をまとめた一枚のシートを作成

助けられ上手さんがリード役で−住民流・助け合いのまちづくり


支え合いマップ作りの要点をまとめた一枚シートを作成

支え合いマップでご近所福祉

支え合いマップはご近所福祉と密接な関係があります。そこで、両者を結びつけたマップの早わかり(一枚シート)を作りました。


住民流福祉ネットワーク
住民流福祉(支え合いマップづくりも含む)の研究と普及を目指す有志達の集まりを立ち上げました。

住民流福祉ネットワーク・ブロックリーダー一覧


お知らせ

新着情報 NEWS

2019年11月12日 「町民総参加の町内福祉活動」が完成
2019年10月28日 <新刊>「思いやり」から「助けられ上手」へ
2019年10月4日 「町内会の人材難−10の対策」が完成
2019年9月19日 住民流助け合いの要点をまとめた一枚のシートを作成。本ページお知らせ欄をご覧ください
2019年9月19日 ウェブマガジン「夢通信」第13号を配信
2019年7月26日 「ご近所ボランティア」のモデル活動で大成果
2019年7月26日 静岡県の民生委員全体研修会を担当。県内6か所。5千人に講義
2019年7月26日 市民大学・9回コースでフル出場<茨城県守谷市>
2019年7月24日 地域活動型マップセミナー、2カ所で開催予定
2019年7月16日 地域活動型マップセミナーを考案、既に実施中
2019年7月16日 「ニーズが見つからない」という皆さんへ−マップづくりでご近所に結集しよう
2019年7月12日 福祉啓発用のシナリオ「助け合い劇場」が完成
2019年7月8日 <新刊>あなたの福祉参加度を測る新しい「物差し」が完成
2019年5月31日 「支え合いマップづくり入門」を改訂しました
2019年3月29日 「世話焼きさんのためのご近所ボランティア活動手帖」が完成
2019年3月6日 「助け合いとは迷惑かけ合いだった」が完成
2019年2月26日 「誰もが豊かに暮らせる夢の集落づくり」が完成
2019年1月21日 マップ関連の新刊2冊が完成
2018年11月26日 本研究所での住民流学習会開催について
2018年10月03日 支え合いマップ講座で研修用DVDが好評
2018年10月02日 所長・木原の講演を聞いてみたいという方に
2018年07月31日 支え合いマップのDVDが完成
2018年07月31日 鹿児島県のマップセンターが8月1日にオープン
2018年05月29日 支え合いマップ研修用のDVDが完成
2018年04月23日 支え合いマップ中心で住民流福祉ゼミが始動
2018年02月08日 助けられ上手講座がますます人気
2017年12月11日 鹿児島県社協主催の生活支援コーディネーター研修で支え合いマップの演習
2017年12月08日 宮崎県小林市社協が「支え合いマップづくり」情報交換会を開催
2017年10月10日 「住民流福祉ネットワーク」発起人会での決定事項
2017年10月04日 寸劇マップが大好評
2017年10月04日 「住民流福祉ネットワーク」発起人会を開催しました
2017年09月04日 住民流福祉ネットワーク立ち上げ 発起人会を開催
2017年09月04日 月刊誌「住民流福祉」が終刊
2017年06月21日 住民流福祉大学・受講のご希望をいただいています
2017年06月15日 寸劇でマップのグループ演習−が好評
       

information

住民流福祉総合研究所

〒350-0451
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷1476-1
TEL.049-294-8284
FAX.049-294-8283

メールアドレスkiharas@msh.biglobe.ne.jp

池袋駅より、東武東上線を利用。坂戸駅で越生線に乗り換え5つ目の「東毛呂(ひがしもろ)」駅下車、徒歩15分。または八王子駅より、八高線を利用し「毛呂」駅下車(高麗川駅で乗り換え)、徒歩15分。



住民流おつき合いのすすめ

@我が家の問題を周りに打ち明けよう
A自分のことを噂話のタネにしてもらおう
B困ったら、「助けて!」と叫ぼう
C助けてもらうため迷惑かけ上手になろう
D人助けをしたければ、詮索の鬼になれ
E「口が堅い」のも、よしあしだ
Fお節介こそが、本当の思いやり
G引きこもりの人を救うためこじ開けよう
Hプライバシー尊重では相手を助けられぬ
I助け合いたいのなら、家をひらき合おう

理念と重点目標
inserted by FC2 system